先日、急にお金が必要になったもののお給料日前ということで口座には残高がなく、大慌てをしました。 急遽家族にお金を借りたものの、余計な追求を受け、面倒なことになったな…というのが正直なところです。 そんななかで、現金借りるにはとっても便利で有効な方法を発見しましたので、こちらで情報を公開していきます。

現金借りるにはカードローンが便利

ここのところ、テレビでもカードローンのCMを見かけることが多くなり、だいぶ身近な存在となっています。 カードローンは、借り入れたお金を自由な用途で使えるので、ひとつのカードローン契約で家の頭金に使ったり、車を買ったり、旅行に行ったり、一時的な支出にあてたりと使い勝手が良く、また、急にお金を借りるときにも提携コンビ二ATMでお金を引き出せたりと重宝します。 いつでも気軽に返済できるのも安心できるポイントで、現金借りるにはとても助かりますね。

利用目的に合わせて現金借りるには

一口にカードローンといっても、銀行カードローン、消費者金融カードローン、信用金庫のカードローンなど、さまざまな種類のカードローンがあります。 そのなかでも、利用目的に合わせて現金借りるには、特徴を理解すると選びやすいのではないでしょうか。

▼高額融資や長期借入となる場合▼
少額借り入れや短期借入の場合とは違って、高額借入や長期借り入れとなる場合、少しの金利の差がのちのちに大きな利息の負担となってのしかかってきます。 そんな未来の負担を減らすためにも、高額借入や長期借り入れの際には、低金利で現金借りることができる銀行カードローンを利用されると安心です。 また、高額融資でも、いざお金を借りたあとに余裕ができたら、早めの繰り上げ返済なども可能なので、どんどん返済していくのもひとつの手とも言えます。

▼収入以上の金額の現金借りるには▼
貸金業法の施行により、総量規制で年収の3分の1以上の借入はできなくなったため、収入以上の金額の現金借りるには注意が必要です。 その点、銀行は総量規制外となりますので、年収の3分の1を超える金額を借り入れしたい場合には、銀行カードローンで現金借りると良いでしょう。

▼とにかく今すぐに現金借りるには▼
とにかく待てない!今すぐに現金借りたい!といった場合には、まず、審査の通りやすさを重視します。 そういった観点から見ますと、審査回答最短30分などの銀行系カードローンはほかのカードローンと比べて審査も緩めでスムーズに進められる傾向にあります。 同じく銀行カードローンでも審査回答最短40分といった会社もありますが、審査時間が短くても審査自体が厳しくてはなかなか希望通りにお金を借りることが難しい場合もありますので、即日融資で現金借りるには大手の銀行系カードローン(大手銀行のグループ会社である大手消費者金融)のご利用がベストです。

土日にお金借りる【お金を借りたい方へ】